井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧
外宮に祀られる神々
6-1.【伊勢神宮】その3.で紹介したコース
【Ⅰ】「内宮」神域内に祀られる神々
【Ⅱ】「内宮」神域外ではあるが宇治橋のたもとに祀られる神々
【Ⅲ】「内宮」神域外の別宮に祀られる神々
6-2.【伊勢神宮】その4.で紹介したコース
【Ⅳ】「外宮」神域内に祀られる神々
【Ⅴ】「外宮」神域外の別宮に祀られる神
7.神宮関連の施設
・宇治橋前→赤福本店→祭主職舎(さいしゅしょくしゃ)→神宮道場(じんぐうどうじょう)
 宇治橋前から「おはらい町」を歩いて行くと、赤福本店に至ります。さらに進むと左に「祭主職舎」が、右に「神宮道場」に至ります。此処までの距離は約600m。
・祭主職舎(さいしゅしょくしゃ)
 神宮祭主の宿泊所です。明治以前は、慶光院(けいこういん・後述する)と云う尼寺でした。桃山時代の様式を伝える貴重な建物で、鯱(しゃち)をあげた風格ある門は、御師(おんし)の館から移築したものです。
・神宮道場(じんぐうどうじょう)
 元の神宮司庁ですが、現在は神職や大学生の研修所になっています。日本建築に洋風を取り入れた明治時代の館です。銅版葺唐破風屋根の堂々たる造りで、なだらかな曲線を描く正面玄関の屋根や白壁が美しい。春は、桜が映えてとても良い風情になります。
[PR]
by ikawazukbr | 2011-03-31 08:45 | 伊勢神宮
外宮に祀られる神々
4.神宮125社の内訳
 「表1・表2」を基に、内宮関係と外宮関係とを分け、神域内にあるのか、神域外であるのか、をも分けて125社の内訳を数えたのが下の表3です。
f0014809_15183673.jpg

5.神宮125社めぐり
 125もある神社は、松阪市・多気町・明和町・玉城町・伊勢市・鳥羽市・志摩市・度会町・大紀町・と広い範囲に点在しております。江戸時代には、一つ一つのお社を訪ねて歩く“摂社・末社めぐり”が盛んに行われていたようです。
 現在では、地域ごとに12~14のコースに分けてめぐる「神宮125社めぐり」が、JR・近鉄・おはらい町にある五十鈴塾などの主催で行われています。
[PR]
by ikawazukbr | 2011-03-29 15:19 | 伊勢神宮
外宮に祀られる神々
●神社の名前と所在地を書いた表が、添付した「表1・表2」です。この内、内宮の所官社のところに、神服織機殿神社と同・末社八処、神麻績機殿神社と同・末社八処、とありますが、いずれも合計で8社づつと数えます。同様に佐美長神社と佐美長御前神社四社とあるところも、合計で4社と数えます。表1(1/2)、表1(2/2)、表2の順です。
f0014809_1423156.jpg

f0014809_14232915.jpg

f0014809_14234950.jpg

[PR]
by ikawazukbr | 2011-03-28 14:24 | 伊勢神宮
外宮に祀られる神々
3.神宮125社                     表1・表2参照
 神宮125社と云われるが、本当にそうなのかなぁと思って数えてみました。内宮と外宮を合せて正宮・別宮・摂社・末社・所官社の全てを加えますと、確かに125社ありました。
・ご正宮(しょうぐう)
 ご正宮とか、ご正殿と書いたところもありますが、ご正宮というのが正しいようです。内宮では「天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)」をお祀りする一社、外宮では「豊受大御神(とようけおおみかみ)」をお祀りする一社だけです。
・別宮(べつぐう)
 別宮とは、正宮と関わりの深い格の高いお宮で、内宮に10社、外宮に4社あります。
・摂社(せっしゃ)と末社(まっしゃ)
 摂社(内宮に27社、外宮に16社)と、末社(内宮に16社、外宮に8社)とは、神宮が鎮座する前からあった土地の神をまつる社(やしろ)、倭姫命(やまとひめのみこと)が定めたとされる社、外宮の鎮座とともに定められた社、等を云います。いずれも千五百年から二千年という歴史を持つ由緒ある古い社です。正宮や別宮に比べると規模は小さいながら社を遷す古澱地もあって、二十年に一度は、建て替えや大修繕が行われています。
・所官社(しょかんしゃ)
 所官社とは、正宮や別宮の御料や祭典にかかわる神々をまつる社で、内宮に38社、外宮に4社あります。
[PR]
by ikawazukbr | 2011-03-26 14:19 | 伊勢神宮
外宮に祀られる神々
2.【Ⅴ】「外宮」神域外の別宮に祀られる神
 豊受大神宮(外宮)には、四社の別宮がありますが、三社は神域内にあり、一社だけが神域外にあります。
①月夜見宮(つきよみのみや・別宮)
 祭神は、月夜見命(つきよみのみこと)、月夜見命荒御魂(つきよみのみことあらみたま)。北御門から真直ぐに広い道路に出て、信号を直進、二俣になっているうち左の道を直進すると、厚生小学校の後ろ側、突き当たりに月夜見宮がある。北御門からの距離は約350m。
f0014809_13331717.jpg

[PR]
by ikawazukbr | 2011-03-25 13:31 | 伊勢神宮
外宮に祀られる神々
   左上:忌火屋殿     右上:度会大国玉比売神社
   左下:山末神社     右下:伊我理神社
f0014809_13403476.jpg

[PR]
by ikawazukbr | 2011-03-24 13:40 | 伊勢神宮
外宮に祀られる神々
⑪度会大国玉比売神社(わたらいおおくにたまひめじんじゃ・摂社)
 祭神は、弥豆佐佐良比売命(やずささらひめのみこと)・度会大国玉命(わたらいおおくにたまのみこと)。二柱ともに度会地方の地主の神で、自分の生活している土地の恩恵に感謝し奉齊する信仰から出ている。
⑫伊我理神社(いがりじんじゃ・末社)
 祭神は、伊我利比女命(いがりひめのみこと)。「伊我利」というのは、猪狩で五穀を食い荒らす猪を駆りたてることである。外宮の御神田に関係の深い神。度会大国玉比売神社と向いあう。
⑬山末神社(やますえじんじゃ・摂社)
 祭神は、大山津姫命(おおやまつひめのみこと)。高倉山の山の末に居ます神で、泉の神である。度会大国玉比売神社から此処まで約400m。
・山末神社→表参道へ戻る、
 山末神社から表参道までの距離は約800m。
[PR]
by ikawazukbr | 2011-03-24 13:11 | 伊勢神宮
外宮に祀られる神々
左上:土宮、左下:下御井神社、右上:度会国御神社(わたらいくにみじんじゃ・摂社)、右下:大津神社
f0014809_1735543.jpg

⑨度会国御神社(わたらいくにみじんじゃ・摂社)
 祭神は、彦国見賀岐建興束命(ひこくにみがきたけよつかのみこと)。度会之国都御神社(わたらいのくにつみじんじゃ)という。度会神主の祖。天日別命(あめのひわきのみこと)の御子。忌火屋殿から北御門の方に戻ると御厩(みうまや)がある。左に折れて入っていくと度会国御神社に至る。忌火屋殿から此処まで約250m。
⑩大津神社(末社)
 祭神は、葦原神(あしはらのかみ)。五十鈴川の河口である、神社(かみやしろ=町名)・大湊(おおみなと=町名)の港口の守護神。もと神社町大字竹鼻にあったと伝わる。度会国御神社から此処まで約60m。
・大津神社→度会国御神社→御厩→火除橋→手水舎→北御門(きたみかど)
 大津神社→北御門まで約320m。北御門から表参道まで約240m。
・表参道→度会大国玉比売神社(わたらいおおくにたまひめじんじゃ)
 表参道から御木本道路を「内宮」方面へ280mで信号のある交差点に至る。この信号を右折して外宮の森の外周を約100m進むと、度会大国玉比売神社に至る。
[PR]
by ikawazukbr | 2011-03-23 17:06 | 伊勢神宮
外宮に祀られる神々
⑥風宮(かぜのみや・別宮)
 祭神は、級長津彦命(しなつひこのみこと)と級長戸辺命(しなとべのみこと)。内宮の風日祈宮(かざひのみのみや)と同様です。下御井神社から土宮に戻ると、風宮に至ります。下御井神社から此処まで約100m。
f0014809_1602445.jpg

・風宮→四至神→神札授与所→九丈殿→五丈殿→忌火屋殿(いみびやでん)
 風宮を出て、四至神→神札授与所の横を左に折れると、九丈殿→五丈殿を経て忌火屋殿に至ります。此処まで約300m。
・忌火屋殿
 忌火屋殿は、正宮の北にあり、此処で日毎朝夕(ひごとあさゆう)の大御饌(おおみけ)をはじめ、神々に供える神饌(しんせん)を忌火(いみび)で調理しています。神様は、正宮の後方東隅にある御饌殿(みけでん)の中で、朝夕の食事を偕に召しあがられます。天照大御神の座、相殿神の座、別宮神の座、豊受大御神の座、相殿神の座、別宮神の座の六座が設けられ、天照大御神と豊受大御神は、向い合って座につかれます。
⑦御酒殿(みさかどの・所管社)
 祭神は、御酒殿神(みさかどののかみ)。又の名を豊宇賀能売命(とようかのめのみこと)と申して造酒神であります。調御倉神(宇賀能美多麻乃神=うかのみたまのかみ)と御竈屋神(みかまどやかみ・保食神)が同座されております。忌火屋殿のすぐ西にありますが、この神社にはお参りできません。
⑧上御井神社(かみみいじんじゃ・所管社)
 祭神は、御井神(みいのかみ)。忍穂井神社(おしほいじんじゃ)と称します。高天原(たかあまはら)の天忍穂井(あめのおしほい)から、この御井に水を移されたと伝えられる、神の水であります。毎日、神官が先頭を進み、宮掌が桶をかついで水を汲みに行き、帰りは桶が先頭になり忌火屋殿に戻ります。神様の神饌調理に使う水なので、不浄の近づくのを禁じており、この神社にはお参り出来ません。
[PR]
by ikawazukbr | 2011-03-21 16:00 | 伊勢神宮
外宮に祀られる神々
③多賀宮(たがのみや・別宮)
 祭神は、豊受大御神荒御魂(とようけおおみかみあらみたま)。御正殿を出ると御池がありますので、左側にある石橋(亀石という)を渡って真直ぐに進み、突き当たりの石段(98段)を登りますと多賀宮に至ります。
 各祭典は、正宮に引き続き行われ、この別宮だけは勅使が参向せられ奉幣の御儀が行われます。丘の上の高いところに鎮座しておられるので高宮(たかみや)とも呼ばれています。個人的な願いごとをするのならこのお宮で!ご正宮を出てから此処まで約200m。
f0014809_180168.jpg

④土宮(つちのみや・別宮)
 祭神は、大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)。外宮の宮地を守護される神様です。須佐之男神(すさのおのかみ)の御子:大年神(おおとしのかみ)が天知迦流美豆比売(あめしるかるみずひめ)をめとり生まれた神で、大土神(おおつちのかみ)ともいわれています。多賀宮からの石段を降りると正面にあります。多賀宮から此処まで約100m。
f0014809_1824011.jpg

⑤下御井神社(しもみいじんじゃ・所管社)
 祭神は、下御井鎮守神(しもみいちんじゅのかみ・)。石畳の上に覆屋(おおいや)があるだけで、社殿はありません。上御井神社(かみみいじんじゃ=後述)に事故のあったときに、この宮の水を汲んでお供えする、上御井神社の補助となる御井戸です。
土宮から此処まで約50m。
[PR]
by ikawazukbr | 2011-03-20 18:04 | 伊勢神宮