井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
出雲大社への旅(11)
 8日(木)あたりが明るくなり始めると、しきりに漁船のエンジン音が聞こえてくる。窓のカーテンを開けてみると、蜆とりの船らしいのか、良い魚場を求めてか、競争するように全速ですっとんでいく。今日は先ず〔足立美術館〕に行くことにする。
 旅館を8時少し前に出てバスで松江駅に。JRで松江駅⇒安来駅に9時到着。直ぐに「足立美術館行」の路線バスに乗れたので、9時半には到着することが出来ました。私は3年前に来たことがあるので、これも妻へのサービス。2時間ほど掛けてゆっくりと庭園と絵画を見学、休息とお土産も出来ました。無料シャトルバスで「足立美術館前」を11時45分に出発、米子駅に12時15分に到着しました。
 さて、これからどこに行こうかな・・・・・。
[PR]
by ikawazukbr | 2006-10-17 15:42
出雲大社への旅(10)
 バス「まつえウォーカー」右まわりに乗車し、「堀川遊覧船のりば」で下車。〔堀川めぐり〕の遊覧船に乗る。12人乗りの大きな船に二人だけで乗せてくださる。高さのない橋では、覆いの屋根をベッチャンコに折りたたんで潜り抜ける。その都度、私たちも身体を折って伏せること4度5度。ゆったりと50分掛けて、古い町並みを観賞しつつ松江城を一周する。下船して、小泉八雲記念館・武家屋敷などを見学し、バスで松江駅に戻る。
 今夜の宿は、松江大橋の傍の〔大橋館〕。ここはパンフレットを見て、小泉八雲ゆかりの宿、部屋での食事、料理の内容、等に魅力を感じて決めました。仲居さんも親切で、「夕日が見たい」と言うと、屋上まで連れて行ってくれたが、あいにく遠方が霞んでいることや、今の時期の太陽の位置から言って無理なことが良く解った。綺麗な夕日を見るには夏の時期には無理なのですね。全体的に、ここも期待通りで、ゆっくりくつろぐことが出来ました。
 夕闇が濃くなるころ満ち潮になり、松江大橋の下手では小さいながら“うずしお”が見られた。
[PR]
by ikawazukbr | 2006-10-17 15:18