井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
出雲大社への旅(9)
 花園を出て、全長140mの動く歩道を利用して小高い丘の上へ。展望台からの眺めは、四方八方結構きれい。遠くは霞んでよく見えないが、これからの夏の季節は何時もこんなものらしい。水鳥たちの〔ウォーターフォールエイビアリー〕を通って次に行く。
 熱帯の鳥たちは、次の建物〔トロピカルエイビアリー〕に飼育小屋が並んでおり、オオハシ・サイチョウ・エボシドリなど沢山の種類が見られました。特に手乗りとして慣れた鳥たちと触れ合える〔パラダイスホール〕があり、オオハシ・クリハシオオハシに餌を与えて遊んできました。
 我家にも手乗りのインコが2羽おりますが、今日はお留守番をしてくれていることでしよう。お土産などを買って「松江しんじ湖温泉駅」に2時すぎに戻りました。此処までにずいぶん歩いたね・・・・・。
 松江しんじ湖温泉駅前の道路の向うのビルに〔産経新聞社・松江支局〕と書いてあるのが見える。妻が写真を撮れという。水谷豊主演のサスペンスドラマに〔○△新聞・松江支局〕の駐在員というのが有るそうで、それを思い出したのだそうだ。
[PR]
by ikawazukbr | 2006-09-25 10:47
出雲大社への旅(8)
 〔松江フォーゲルパーク〕と同様の施設は全国各地にあり、私は5月の初めに〔富士国際花園〕を見学したばかり。今日は妻のためのサービスデー。
ベゴニア・フクシアを中心とする花は同様ながら、フクロウのショーと熱帯の鳥たちは、此処の方が見ごたえがあり楽しかった。フクロウのショーは、花園の中の広い空間で行われており、途中で高い処に飛んでいって降りてこなかったりして、自然な感じでした。
ショーが終わってから「フクロウと写真を撮りませんか」と言われて、一緒に写真を撮って貰いましたが、調教のお姉さんの手に真っ赤な血が・・・・・。これは芸をさせては与える「餌」のものだそうで、自然のままの食事を続けてあげるために、二十日ねずみの「毛・皮・肉・骨・内臓」等をそのまま小さく切って与えているためとのことでした。
[PR]
by ikawazukbr | 2006-09-20 08:51
出雲大社への旅(7)
 玉造温泉での宿は「白石家」。パンフレットを見て、三人の女将さん、檜風呂、部屋での夕食、料理の内容、等に魅力を感じて決めました。仲居さんの応対もたいへん良い感じで、期待通りの宿でした。温泉に何度も入り、ゆっくりくつろぐことが出来ました。夕食の後、売店でお土産を買い込んで宅配便で送りました。
 翌7日(水)朝は、仲居さんがバス停まで送ってくださり、「松江行」のバスに乗車。今日も良いお天気で、30分で松江駅に到着。予定通り〔松江フォーゲルパーク〕に行くために、駅前からバス「まつえウォーカー」右まわりに乗車し、「松江しんじ湖温泉駅」で下車。一畑電車で「松江しんじ湖温泉駅」から乗車し、16分で「松江フォーゲルパーク駅」に到着する。
 駅前とは言え〔松江フォーゲルパーク〕の入口の他には一軒の家も見えないぞ・・・・・。
[PR]
by ikawazukbr | 2006-09-02 08:30