井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
古代の神々の里を旅して
(16)鵜戸神宮
 鵜戸神宮を目指して更に南下しました。“鬼の洗濯板”はこのあたりでも続いています。やがて鵜戸神宮に到着。穂穂出見尊(山幸彦)と豊玉比売命の御子:日子波瀲武鸕鵪草葦不合尊が祭祀されています。鸕鵪草葦不合尊は神武天皇様の父君です。神話に、豊玉比売命とは竜宮の乙姫(音姫)様のこと、鸕鵪草葦不合尊とは“なぎさ”に産屋を建て屋根に葦草を葺くのも間に合わないほど早く生まれてしまわれたことから名付けられたと書かれています。
 社殿は朱塗りの立派なもので、駐車場からずいぶん距離があります。断崖の下まで降りていく感じですが、大きな洞窟(約300坪あるそうです)の中に天上ギリギリに建てられた本殿、その他の社殿、「よくまあ、こんな処に建てたものよ」と感心しました。参拝者はかなり多かったですね。

写真:右上=断崖の下の洞窟、右下=運玉投げの岩場、左上=昇殿、左下=東国原知事のモアイ型
f0014809_14154933.jpg

[PR]
by ikawazukbr | 2008-07-14 14:21 | 旅行記