井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『超巨大宇宙文明の真相』読書録
(最終回)著者ミシェル・J・P・デマルケによる追記の一部(要約)
① 私は三年前に書き上げた原稿に追記を加えている。これまで私は、この本の出版を試みてきたがうまくゆかず、ようやく三年後に、このような異常でユニークな内容の原稿を出版してくれる出版社に出合った。
② 私の期待に反してタオは何のコンタクトも取ってこなかった。しかし、私が今も監視されており、出版の時期が送れたことなども、彼らの意図されたことだということを感じている。
③ これはSF小説ではない。時間を無駄にしないよう心して読んで欲しい。そうすれば、人生に大きな報酬を――物質的なものより、むしろ精神的な ――を受け取ることになるだろう。
④この本は、繰り返して三度は読んで欲しい。
⑤ 私は特に次のことを若者に伝えたい。希望を失い、失業し、街で退屈しているか、群れ集っている、私の友達である若者たちよ、なぜ君たちは徹底的にライフ・スタイルを変えようとしないのか? 不健康な環境に留まっているのは止めよう。全く違う道に沿って自分自身を作り上げることだ。
⑥ 現存するいかなる宗教も、あなたがそのいずれを信じようと、おおいなる聖霊=創造主たる神――好きなように呼んでいいが――によって確立されたものは決して変えられないということだ。どんな宗教も、信仰も、書物も、またこの本でさえも、宇宙の創造主によって確立された真実と秩序に影響を与えることはできない。唯一の真実で不変なものは創造主の法則、彼が初めに欲したもの、宇宙の法則、彼の法則であり、それは絶対的に誰も変えることができないのである。

―― 終 ――
[PR]
by ikawazukbr | 2008-06-15 09:29