井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『超巨大宇宙文明の真相』読書録
第11章:誰がキリストだったのか?(1)
 タオの話が続きます。
 それはファラオ・セト一世の時代に起こりました。エジプトの上流社会では、ギリシャ同様、麻薬はありふれたものでした。自然と宇宙の法則に絶対的に反することが蔓延していました。
 私たちの使命は、必要と見なした場合に人々を助けることですが、この時点で介入し、歴史の方向性を変える決定を下しました。ヘブライ人(ユダヤ人)は、邪悪なエジプト人のもとでは自由人として、もはや進歩する見込みがなかったため、私たちは彼らをエジプトから脱出させなければなりませんでした。
 彼らが地球に到着して間もなく、エジプトから故郷の地へユダヤ人を導くことが出来る一人の人物を送り込むことが決定されました。第8カテゴリーの<ナクシティ星>では、〔クシオクスティン〕という名前の人物がちょうど死んだところでした。

第11章:誰がキリストだったのか?(2):省略します。

第11章:誰がキリストだったのか?(3)
 モーセは多くの設備を備えたエリート校へ送られたことでも恵まれていました。彼は勉学でずば抜けた成績を挙げ、聖職者やエジプト人専門家によって指導される高等科学学校へ進学しました。当時エジプトには、一握りの秀才が通う高校があり、そこでは太古にアトランティスから持ち込まれた科学を教えていたのです。
モーセが自分の研究をほぼ終えようとしていた時、彼の人生において非常に重要な意味を持つ、ある事件を目撃しました。モーセはユダヤ人に対して厚い友情を抱いていたので、父親が止めるように口うるさく忠告したにもかかわらず、よくユダヤ人と一緒に街中を歩きました。
 ある日、モーセは、エジプト人兵士の指揮のもとで、ユダヤ人が働いている建設現場の近くを歩いていた時、兵士に殴られユダヤ人が倒れこんだのを遠くから目撃した。モーセが近寄った時には、ユダヤ人のグループがその兵士に襲い掛かり殺してしまっていた。

第11章:誰がキリストだったのか?(4):省略します。
[PR]
by ikawazukbr | 2008-05-30 14:09