井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『超巨大宇宙文明の真相』読書録
第10章:「惑星Xの兄弟」「私の前世」そして「聖書ヘブライ人」の秘密(17)
 惑星ヘブラからやってきた彼らは、狩猟用の獣や蜂蜜、食用に適した植物などが豊富な、その地域に順応していき、そこで子孫を増やしていきました。その後、彼らは通り過ぎる一団の遊牧民と知り合いになり、これが地球人との最初の出会いでした。
 10人からなる彼ら遊牧民は、ロバナンの女たちが彼らの好みであることを見て、ロバナンを殺して女たちを含めて彼の持っているものすべてを奪おうとしました。ロバナンは平和主義者でしたが、まだ持っていた武器を使わざるを得なくなり、逃げ出した4人の暴徒を殺しました。彼はそのことに、ひどく心を痛めました。そのことの内に『自分たちは<宇宙の法則>で自分たちに禁じられている惑星の上にいるのだ。』という、もう一つの印しを読み取りました。

第10章:「惑星Xの兄弟」「私の前世」そして「聖書ヘブライ人」の秘密(18):省略します。

第10章:「惑星Xの兄弟」「私の前世」そして「聖書ヘブライ人」の秘密(19)
 聖書は律法学者による想像の産物でもなければ、美化されたものでもないことを、あなたに保障しなければなりません。そこには数多くの真実がありました。“ありました”と『過去形であえて』いうのは、ローマ・カトリック教会のさまざまな会議において、聖書はかなり書き換えられたからです。その理由は、キリスト教の要求に応えるためです。宗教は地球の呪いの一つです。私はまた、聖書について、他にもあなたに教えなければならないことがあります。
 ヘブライ人(ヘブラ星から来た人)が地球に到着してしばらくの間、私たちは、たびたび彼らを助けました。また、私たちは彼らを罰しました。例えば、ソドムとゴモラの破壊は、私たちの宇宙船の一つによって引き起こされました。その二つの町の人々は、たいへん邪悪で、出会う人々に対して危険な振る舞いに及びました。私たちは、さまざまな手段を講じて彼らを正しい方向に戻そうとしましたが、無駄に終わりました。そこで、我々は無慈悲にならざるを得なかったのです。

第10章:「惑星Xの兄弟」「私の前世」そして「聖書ヘブライ人」の秘密(20):省略します。

第10章:「惑星Xの兄弟」「私の前世」そして「聖書ヘブライ人」の秘密(21)
 聖職者たちは、宗教会議によって聖書の多くの部分を、抹消したり、書き換えたりしました。しかし、そのまま残った部分もあり、それは簡単に指摘できます。例えば、創世記;第18章・第1節、第19章・第1節~第11節など。
そこに書かれている“人々”とは、単にティアウーバ星からやってきた人々だったのです。

〔井の中の蛙〕からの追記:
 概要をと言いながら詳しく書き過ぎてしまいましたので、予定の1回とびに掲載しました。この本にはもっともっと大切なことが書かれているので、本に対する関心を高めたいと思うばかりです。ぜひ『超巨大〔宇宙文明〕の真相』を購入して読んでいただきたいと心から願っています。
[PR]
by ikawazukbr | 2008-05-29 17:28