井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『超巨大宇宙文明の真相』読書録
第9章:地球の“いわゆる”文明を蝕むもの(1)
 ラティオヌシと別れ、私たちの<ドコ>に戻った。タオは地球の文明について、次のように語り続ける。
 地球のほとんどの国々は、自分たちが高度に進んでいると考えていますが、そうではありません。むしろ、彼らの文化は、指導者やいわゆるエリート層をはじめ退廃していて、全体のシステムが歪められています。特に最近、私たちは地球をじっと観察してきたのでよく分かります。私たちは、地球で何が起こっているのかを調査できます。私たちは肉体としてもアストラル体としても、あなた方に交じって暮らすことが可能です。私たちは地球に行かなくても、地球の指導者たちの行いに影響を与えることができます。例えば、私たちはドイツが最初の核兵器使用国となることを食い止めました。なぜなら、もし第二次世界大戦でナチズムが勝利していたら、地球の人々は悲惨な状況に陥っていたでしょう。いかなる全体主義体制も文明を後退させます。

第9章:地球の“いわゆる”文明を蝕むもの(2):省略します。

第9章:地球の“いわゆる”文明を蝕むもの(3)
 もし、あなたの本を読む指導者の中に、あなたのことを信じなかったり、書かれていることを疑う人がいたら、数年前に地球軌道に乗せられた数十億もの通信用<ニードル>がどうして消えてしまったのか、説明を求めてごらんなさい。また、第二回のニードルの件も尋ねてごらんなさい。彼らはあなたが何を話しているのか理解するでしょう。ニードルの消滅に関しては、私たちに責任がありますが、ニードルが潜在的にあなた方の惑星にとって害をもたらすと判断したためです。
 時々、私たちは、あなた方の専門家たちが“危険な火遊び”をすることを妨害しますが、過ちが犯される場合、私たちの助けが当てにならないことを覚えておいてください。もし、私たちが手を貸すことを適切と判断すればそうしますが、災害からあなた方を守ることは出来ませんし、そうしたいと思ってもいません。それは宇宙の法則に反することになるからです。

第9章:地球の“いわゆる”文明を蝕むもの(4):省略します。

第9章:地球の“いわゆる”文明を蝕むもの(5)
 ムーの文明は精神的にも物質的にもコミュニティーを中心に営まれ、それで繁栄しました。無論、地球のある国々に存在する〈コミュニズム(共産主義)〉と〈コミュニティー〉とを混同してはいけません。地球で実践されたコミュニズムは、民主主義とは程遠く、むしろ本質的に全体主義体制の一部です。それは人間の品位を落とすものです。不幸にもお金に関しては、あなた方の社会システム全体がそれに依存しているので、地球の人々に建設的な援助を与えることは困難です。
 一方で、政治家や政党に関しては多くのことが改善できます。あなた方は、皆、同じボートに乗り合わせています。それぞれのボートには船長が必要ですが、ボートを上手に漕ぎ進めるためには、水夫たちが船長を尊重すると同時に、お互いに協力する精神と技能が要求されます。もし、船長に知識と経験それに迅速な決断力があるばかりか、清く誠実であれば、その船長により水夫たちがベストを出し切れる可能性は大きくなります。
[PR]
by ikawazukbr | 2008-05-21 13:50