井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
みささぎ参拝の薦め
(33)第33代:推古天皇(つづき4)

⑯推古天皇29年(西暦621年)2月5日、皇太子は斑鳩宮(いかるがのみや)に薨去された。

⑰推古天皇31年(西暦623年)、新羅(しらぎ)が任那(みなま)を討ち、任那は新羅に属した。天皇は新羅を討とうとされたが、群臣の議論が合わず一時中止となった。その後、朝廷と両国との協議が進む途中で、馬子大臣が数万の軍兵を送り出して、新羅を討った。

⑰推古天皇32年(西暦624年)9月、寺および僧尼を調査して、詳細に各寺の縁起、僧尼の入道の事由(ことのよし)、出家の年月日などを記録した。このとき、寺は46ヵ所、僧816人、尼569人、併せて1,385人であった。

⑱推古天皇32年(西暦624年)10月、馬子大臣が二人の使いをだして、天皇に奏上させて「葛城県(かつらぎのあがた)は代々葛城氏が居りますが、蘇我氏は葛城氏の同族でありますから、本来私のものであります。その県にちなんで蘇我葛城氏の名もあります。どうか永久にその県を賜りたい」と云った。天皇は、「自分は蘇我氏の出(母は蘇我稲目の娘:堅塩媛(きたしひめ))である。馬子大臣はわが叔父である。故に馬子大臣の云うことは、即刻どんなことでも聞き入れて来た。しかし今わが治世に急にこの県を失ったら、後世の帝(みかど)が「愚かな女が天下に公(きみ)として臨んだため、ついにその県を亡ぼしてしまった」と云われるだろう。ひとり私が不明であったとされるばかりか、大臣も不明とされ、後世に悪名を残すことになるだろう」と申され許されなかった。

⑲推古天皇36年(西暦628年)2月、天皇は病臥された。病が重くなっていくなかで、田村(たむらの)皇子(みこ)(後の舒明(じょめい)天皇)を召されて、「天子の位を嗣ぎ、国の基をととのえ、政務を統べて、人民を養うことはたやすいことではない。私はお前をいつも重くみてきた。それゆえ行動を慎んで、物事を明らかに見るように心がけなさい。何事も軽々しく云ってはなりませぬ」と諭された。また、山背(やましろの)大兄(おおえの)(聖徳太子の御子)を召して、「お前はまだ未熟であるから、もし心中に望むことがあっても、あれこれ云ってはなりませぬ。必ず群臣の言葉を聞いて、それに従いなさい」と教え諭された。
 2月7日、推古天皇が崩御された。
[PR]
by ikawazukbr | 2012-07-19 13:37 | 旅行記