井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
みささぎ参拝の薦め
(29)第29代:欽明(きんめい)天皇
         (天国排開(あめくにはいはるき)広庭(ひろにわの)天皇(すめらみこと))
         (安閑(あんかん)天皇・宣化(せんか)天皇の異母弟)
a.御陵
 陵名=檜隈坂合(ひきくまのさかあいの)陵(みささぎ)
 墳名=平田梅山古墳
 陵の形=前方後円(全長138m)・堀
 所在地=奈良県高市郡明日香村大字平田
 交通=近鉄吉野線「飛鳥駅」下車、北東へ600m

欽明天皇の陵の近くにある御陵
 第40代:天武(てんむ) 天皇(天渟中原瀛(あまのぬなはらおきの)真人(まひとの)
  天皇(すめらみこと))=檜隈(ひのくまの)大内(おおうちの)陵(みささぎ)
 第41代:持統(じとう) 天皇(高天原(たかまのはら)広野姫(ひろのひめの)天皇)=
  檜隈(ひのくまの)大内(おおうちの)陵(みささぎ)
 第42代:文武(もんむ)天皇(倭根子(やまとねこ)豊祖父(とよおじの)天皇)=
  檜隈(ひのくまの)安古岡上(あこのおかのへの)陵(みささぎ)
 他に、高松塚(たかまつづか)古墳、見瀬丸山(みせまるやま)古墳があります。

b.履歴
 御名・異称=天国排開(あめくにはいはるき)広庭(ひろにわの)尊(みこと)
 父=継体(けいたい)天皇
 母=手白髪(てしらかの)皇女(ひめみこ)
 皇后=石姫(いしひめの)皇女(こうひめみこ)(宣化(せんか)天皇の皇女)
 妃=①稚綾姫(わかあやひめの)皇女(ひめみこ)(皇后の妹)、
    ②日影皇女(皇后の妹)、
    ③堅塩媛(きたしひめ)(蘇我大臣(おおおみ)稲目宿禰の娘)、
    ④小姉(おあねの)君(きみ)(堅塩媛(きたしひめ)の同母妹)、⑤糠子(あらこ)
 皇子女=皇后→葥田(やたの)珠勝(たまかつ)大兄(おおえの)皇子(みこ)、
            訳語田(おさたの)渟中倉(ぬなくらの)太珠敷(ふとたましきの)尊=
            (後の敏達(びたつ)天皇)、笠縫(かさぬいの)皇女(ひめみこ)
       妃①→石上(いそのかみの)皇子(みこ)、②→倉(くらの)皇子(みこ)、
        ③→大兄(おおえの)皇子(みこ)(後の用明(ようめい)天皇)、
           磐隈(いわくまの)皇女(ひめみこ)(伊勢の斎王)、
           臘嘴鳥(あとりの)皇子(みこ)、
           豊御食炊屋姫(とよみけかしきやひめの)尊(みこと)(後の推古天皇)、
           椀子(まろこの)皇子(みこ)、大宅(おおやけの)皇女(ひめみこ)、
           石上部(いそのかみべの)皇子(みこ)、
           山背(やましろの)皇子(みこ)、大伴(おおともの)皇女(ひめみこ)、
           桜井(さくらいの)皇子(みこ)、肩野(かたのの)皇女(ひめみこ)、
           橘本稚(たちばなのもとのわか)皇子(みこ)、舎人(とねりの)皇女
       、④→茨城(うまらきの)皇子(みこ)、葛城(かずらきの)皇子(みこ)、
           泥部(はしひとの)穴穂部(あなほぶの)皇女(ひめみこ)(用明(ようめい)
            天皇の皇后で、聖徳太子(しょうとくたいし)の母)、
           泥部(はしひとの)穴穂部(あなほぶの)皇子(みこ)、
           泊瀬部(はつせべの)皇子(みこ)(後の崇竣(すしゅん)天皇)、
        ⑤→春日(かすがの)山田(やまだの)皇女(ひめみこ)、
           橘(たちばな)麻呂(まろの)皇子(みこ)
 誕生=継体(けいたい)天皇3年(西暦509年)
 立太子=―――
 即位=宣化(せんか)天皇4年(西暦539年)12月5日
 崩御=欽明(きんめい)天皇32年(西暦571年)4月15日
 在位年数=33年
 年齢=63歳
 年号=ーーー
 居=磯城島(しきしまの)金刺宮(かなさしのみや)(奈良県桜井市金屋)

c.主な出来事
①欽明(金めい)天皇元年(西暦539年)2月、百済(くだら)の人:己知部(こちふ)が帰化してきた。
 元年(西暦539年)8月、高麗(こま)・百済(くだら)・新羅(しらぎ)・任那(みまな)が使いを遣わして貢物を奉った。秦人(はたひと)・漢人(あやひと)ら近くの国から帰化してくる人も多かった。天皇は、色々の紛争のもとになっている新羅を討とうとされたが、非常に困難な状況であることから断念された。任那・百済は新羅の策謀にあって、苦境に立たされていた。任那は滅亡に追い込まれており、天皇は任那の復興を再三、命じておられた。長い年月を要しても進展しませんでした。
[PR]
by ikawazukbr | 2012-06-29 11:59 | 旅行記