井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
みささぎ参拝の薦め
(20)第20代:安康(あんこう)天皇(穴穂(あなほの)天皇(すめらみこと))
a.御陵
 陵名=菅原(すがはらの)伏見(ふしみの)西(にしの)陵(みささぎ)
 陵の形=方丘(中世城郭跡)・堀
 所在地=奈良県奈良市宝来四丁目
 交通=近鉄橿原線「尼ヶ辻駅」下車、バス「宝来」下車、西ヘ500m

b.履歴
 御名・異称=穴穂(あなほの)尊(みこと)
 父=第19代:允恭(いんきょう)天皇
 母=忍坂(おしさか)大中(おおなかつ)姫(ひめの)命(みこと)
 皇后=中蒂姫(なかしひめの)命(みこと)
 誕生=履中(りちゅう)天皇2年(西暦401年)
 立太子=――――
 即位=允恭(いんきょう)天皇42年(西暦453年)12月14日
 崩御=安康(あんこう)天皇3年(西暦456年)8月9日
 在位年数=4年
 年齢=56歳
 年号=―――
 皇居=石上(いそのかみの)穴穂宮(あなほのみや)(奈良県天理市)

c.主な出来事
①允恭(いんきょう)天皇42年(西暦453年)正月14日、允恭天皇が崩御された。この時、木梨(きなしの)軽皇子(かるのみこ)が皇太子であったが、同母妹の大郎(おおいらつめの)皇女(ひめみこ)を犯す等,淫乱であったことから群臣の信頼を失い、穴穂(あなほの)尊(みこと)(安康(あんこう)天皇)が即位することとなった。

②皇后の中蒂姫(なかしひめの)命(みこと)は、はじめ大草香(おおくさかの)皇子(みこ)(仁徳(にんとく)天皇と髪長媛(かみながひめ)の御子)との間に眉輪(まよわの)王(おうきみ)を生んでいる。安康(あんこう)天皇の崩御は、安康天皇3年(西暦456年)8月9日であるが、この眉輪(まよわの)王(おうきみ)に殺されたのである。(第21代:雄略(ゆうりゃく)天皇の項で詳述する)
[PR]
by ikawazukbr | 2012-06-04 10:39 | 旅行記