井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
みささぎ参拝の薦め
(16)第16代:仁徳天皇(つづき)
④池堤の構築
 仁徳天皇十一年(西暦324年)4月17日、仁徳天皇は群臣に詔して「今この国を眺めると、土地は広いが田圃(たんぼ)は少ない。また河の水は氾濫し、長雨がふると潮流は陸に上り、村人は船に頼り、道路は泥に埋まる。群臣はこれをよく見て、溢れた水は海に流すようにし、逆流を防いで田や家を犯さないようにせよ。」と申された。多くの池を造り、水路を造り、堤防を造り、橋を掛け、田を新たに造ったので、人民は安全に豊かになった。
⑤皇后の嫉妬
 仁徳天皇二十二年(西暦335年)1月、天皇は皇后(磐之姫(いわのひめの))に「八田(やたの)皇女(ひめみこ)を召して妃にしたい」と申された。皇后は断固として承知されなかった。皇后が不在の折りに、八田皇女を大宮の中に入れたので、もめ事に発展したと書かれている。三十五年(西暦348年)6月、皇后(磐之姫)が亡くなられたので、八田皇女を立てて皇后とされました。
⑥新羅・蝦夷との紛争
 仁徳天皇五十三年(西暦356年)、新羅が朝貢しなかった。上毛野君の先祖:竹葉瀬(たかはせ)・弟:田道(たじ)を遣して討たせた。四つの邑の人民を捕えて連れて帰った。
 五十五年(西暦358年)、蝦夷が叛いたので、田道を遣して討たせた。
 五十八年(西暦361年)、呉国(くれのくに)・高麗国(こまのくに)が朝貢してきた。
                                            (16)終り

(17)第17代:履中(りちゅう)天皇
         (大兄(おおえの)去来(いざほ)穂別(わけの)天皇(すめらみこと))
a.御陵
 陵名=百舌鳥(もずの)耳原南(みみはらのみなみの)陵(みささぎ)
 墳名=百舌鳥陵山古墳・ミサンザイ古墳・石津丘古墳
 陵の形=前方後円(全長360m)・堀
 所在地=大阪府堺市石津ヶ丘町
 交通=JR阪和線「上野芝駅」下車、西へ400m。(仁徳天皇陵の南)

b.履歴
 御名・異称=大兄(おおえの)去来(いざほ)穂別(わけの)尊(みこと)
 父=第16代:仁徳(にんとく)天皇
 母=磐之姫(いわのひめの)命(みこと)
 皇后=草香(くさかの)幡棱(はたひの)皇女(ひめみこ)
 妃=黒媛(くろひめ)、太姫郎姫(ふとひめのいらつめ)、
    高鶴(たかつるの)朗(いら)姫(つめ)
 皇子女=磐坂(いわさかの)市辺押羽(いちのへのおしわの)皇子(みこ)、
       御馬(みまの)皇子(みこ)、青海(あおみの)皇女(ひめみこ)、
       中磯(なかしの)皇女(ひめみこ)、
 誕生= ? 
 立太子=仁徳(にんとく)天皇31年(西暦343年)正月15日
 即位=履中(りちゅう)天皇元年(西暦400年)2月1日
 崩御=履中(りちゅう)天皇6年(西暦405年)3月15日
 在位年数=6年
 年齢=70歳
 年号=―――
 皇居=磐余(いわれの)稚桜宮(わかさくらのみや)(奈良県桜井市池之内)

c.主な出来事
 履中(りちゅう)天皇四年(西暦404年)8月8日、始めて諸国に「国史(ふみひと)」(諸器官)を置いた。

(18)第18代:反正(はんぜい)天皇
         (瑞歯別(みずはわけの)天皇(すめらみこと))
a。御陵
 陵名=百舌鳥(もずの)耳原北(みみはらのきたの)陵(みささぎ)
 墳名=田出井山古墳・楯古墳
 陵の形=前方後円・堀(全長 約150m)
 所在地=大阪府堺市北三国ヶ丘町二丁目
 交通=南海電車「堺東駅」下車、東へ400m。(仁徳天皇陵の北)

b.履歴
 御名・異称=多遲比(たじひの)瑞歯別(みずはわけの)尊(みこと)
 父=第16代:仁徳(にんとく)天皇
 母=磐之姫(いわのひめの)命(みこと)
 皇后=津野媛(つのひめ)、弟媛(おとひめ)(津野媛(つのひめ)の妹)
 皇子女=香火姫(かひのひめ)皇女(みこ)、円(つぶらの)皇女(ひめみこ)、
       財(たからの)皇女(ひめみこ)、高部(たかべの)皇子(みこ)
 誕生= ? 
 立太子=履中(りちゅう)天皇2年(西暦401年)正月4日
 即位=反正(はんぜい)天皇元年(西暦406年)正月2日
 崩御=反正(はんぜい)天皇5年(西暦410年)正月23日
 在位年数=5年
 年齢=  歳
 年号=―――
 皇居=丹比(たじひの)芝籬宮(しばかきのみや)(大阪府松原市上田町)
[PR]
by ikawazukbr | 2012-05-23 10:30 | 旅行記