井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
みささぎ参拝の薦め
(13)第13代:成務(せいむ)天皇
    (稚足彦(わかたらしひこの)天皇(すめらみこと))(小碓(おうすの)命(みこと)=
     日本武尊(やまとたけるのみこと)の異母弟)
a.御陵
 陵名=狭城(さきの)盾列(たたなみの)池後(いけじりの)陵(みささぎ)
 古墳名=佐紀(さきの)石塚山(いしづかやま)古墳
 陵の形=前方後円・堀(全長218m)
 所在地=奈良県奈良市山稜町
 交通=近鉄:京都線「平城駅」下車、東へ600m
b.履歴
 御名・異称=稚足彦(わかたらしひこの)尊(みこと)
 父=第12代:景行(けいこう)天皇
 母=八坂入姫(やさかいりひめの)命(みこと)
 皇后=弟財郎女(おとたからいらつめ)
 誕生=景行(けいこう)天皇14年(西暦84年)
 立太子=景行(けいこう)天皇51年(121年)8月4日
 即位=成務(せいむ)天皇元年(131年)正月5日
 崩御=景行(けいこう)天皇60年(190年)6月11日
 在位年数=60年
 年齢=107歳
 年号=―――
 皇居=志賀(しがの)高穴穂宮(たかあなほのみや)(滋賀県大津市坂本穴太町)
c.主な出来事
 成務(せいむ)天皇5年(136年)9月、諸国に令して、国郡に造長(みやっこのおさ)を立て、県邑に稲置(いなき)をおき、それぞれ盾(たて)矛(ほこ)を賜わって印とした。山河を境として国県を分け、縦横の道にしたがって邑里(むら)を定めた。そして、相応しい人を選んで、国郡に長(おさ)を、県邑に首(かみ)を任じた。これにて人々も安定し、天下(あまのした)は無事に治まるようになった。
[PR]
by ikawazukbr | 2012-05-03 10:30 | 旅行記