井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
みささぎ参拝の薦め
(2)第二代:綏靖(すいぜい)天皇(神渟名川耳(かむぬなかわみみの)天皇(すめらみこと))
a.御陵
陵名=桃花鳥田(つきだの)丘上(おかのえの)陵(みささぎ)
古墳名=塚山古墳
陵の形=円丘
所在地=奈良県橿原市四条町
交通=近鉄橿原線「畝傍御陵前」下車、西へ1200m、神武天皇の陵の直ぐ北、近鉄八木駅寄り
b.履歴
 御名=神渟名川耳(かむぬなかわみみの)尊(みこと)
 父=神武天皇
 母=媛蹈鞴(ひめたたら)五十鈴媛(いすずひめの)命
 皇后=五十鈴依媛(いすずよりひめの)命(事代主神の次女で母の妹)
皇子女=磯城津彦(しきつひこ)玉手看(たまてみの)尊(後に安寧(あんねい)天皇)
 誕生=神武天皇29年(西暦前632年)
 立太子=神武天皇42年(前619年)正月3日
 即位=綏靖天皇元年(前581年)正月8日
 崩御=綏靖天皇33年(前549年)5月10日
 在位年数=33年、年齢は84歳
 年号=―――
 皇居=葛城(かつらぎの)高丘宮(たかおかのみや)(奈良県御所市森脇)
c.主な出来事
 日向から神武天皇に付いてきた異母兄:手研耳(たぎしみみの)命は、長らく朝政の経験があるので自由に任せられていたが、仁義に背くところがあった。ついに天皇の服喪の期間にその権力をほしいままにし、二人の弟を殺そうとした。その企てを密かに知られた神渟名川耳尊は、やむなく同母兄:神八井耳(かむやいみみの)命と共に兄を討ち取られた。神八井耳命は、「自分は兄であるが気が弱くて皇位に向かない、お前は武勇にすぐれ、孝行の気持ちも大きい。お前が皇位について皇祖の業を受け継ぐのが当然である。自分は神々のお祀りを受け持とう」と辞退された。
 そこで神渟名川耳尊が皇位に着かれました。綏靖(すいぜい)天皇であらせられます。
備考:歴史学会では、(2)第二代:綏靖(すいぜい)天皇から→(9)第九代:開化(かいか)天皇までを「決史八代」と呼んで、なかった歴史を後から捏造したとする学者も多い。一方に何らかの史実を含んでいると見る方もおられる。吾等は、先に述べた1-(2)、谷口雅春先生の教えを忘れてはならない。
[PR]
by ikawazukbr | 2012-04-05 13:34 | 旅行記