井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
みささぎ参拝の薦め
1.“みささぎ”参拝の薦め
 今回は、「“みささぎ”参拝の薦め」を書こうと思います。そのために、先ず、“みささぎ”とは何なのか? なぜ、“みささぎ”への参拝行脚をお薦めするのか? について少し説明しようと思います。その後で、歴代天皇さまの“みささぎ”の所在地を案内すると共にその時代背景を示し、その時代の天皇さまの御心(おおみこころ)を受け止められるようにしたいと考えています。
 ある程度の予備知識をもって“みささぎ”参拝に出かけていただけるような、参考資料なれば良いと思っています。

(1)“みささぎ”とは何なのか?
 “みささぎ”とは、漢字で「陵」と書き、“みささぎ”と読みます。天皇・皇后・太皇太后・皇太后の墓所であります。以後【みささぎ】あるいは【陵(みささぎ)】と書きます。他の皇族方の墓所は単に「墓」と標示されています。
 【陵(みささぎ)】の内、前方後円墳・堀の形態をとるのは第8代:孝元(こうげん)天皇から第30代:敏達(びたつ)天皇までで、堀は水堀であったり空堀であったりします。
 他の【陵(みささぎ)】は、円丘・山形・方形・多宝塔・十三重塔・八角丘・五輪塔・方形堂・九重塔など様々です。堀は、水堀であったり空堀であったり、無かったりと様々です。
 宮内庁が管理している陵墓は、山形県から鹿児島県まで1都2府30県に所在しており、天皇陵112・皇后陵76・皇族等の墓552・準陵(分骨所・火葬塚・灰塚など)42・髪歯爪塔(供養塔)など68・伝承などから陵墓の可能性がある陵墓参考地46の総合計で896ヶ所ありますが、同じ場所に所在する場合もあるので458ヶ所になります。
 【陵(みささぎ)】の所在地については、学問上では異説も多くあるようですが、私は学者ではありませんので、その正否についての議論は出来ません。ここでは、現在、皇室および宮内庁による祭祀が行われている【陵(みささぎ)】のままに致します。
 宮内庁管理の陵墓の外にも、前方後円墳・堀の形態をとっている「古墳」は全国にありますが、それらはその地域の豪族の墓所ですから、府・県・市などが管理しています。
[PR]
by ikawazukbr | 2012-02-28 11:06 | 旅行記