井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ご皇室の祖先神
7.『日本書紀』の美しい文章
 三つの宝物について、『日本書紀』には次のように美しい文章で、天照大神の神勅(しんちょく)として書かれております。
①「故(か)れ天照大神すなわち天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと)
 に八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)、及(また)八咫鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさ
 なぎのつるぎ)、三種の寶物を賜い、・・・・」
                   (天照大神天壌無窮(てんじょうむきゅう)の神勅)
②「吾(あ)が児(みこ)、此の寶鏡(たからのかがみ)を視まさむこと、當(まさ)に吾(あれ) を視るがごとくすべし。與(とも)に床(みゆか)を同じくし、殿(みあらか)を共(ひとつ)
 にして、斎鏡(いわいのかがみ)と為す可し」
                   (天照大神宝鏡奉齋(ほうきょうほうさい)の神勅)
③「吾(あ)が高天原に所御(きこしめ)す齋庭(ゆには)の穂(いなほ)を以て、亦吾が
 児に御(まか)せまつるべし」      (天照大神齋庭稲穂(ゆにはのいなほ)の神勅) 
●天照大御神は、稲穂を与え給い、日本人の主食としての稲作農法が始りました。ドイツの
 科学者: リービヒは、日本の水田耕作を、「土地を永久に保つ無類の農法」と、称えて
 おられます。
f0014809_15513796.jpg
国史絵画の説明:斎庭の稲穂(神宮徴古館蔵)
[PR]
by ikawazukbr | 2010-12-21 17:06 | 伊勢神宮