井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
京都もみじ狩り旅行
 実光院は説明書によると「魚山大原寺下院の本堂:勝林院の僧院である。勝林院は、長和二年(1013年)慈覚大師円仁(天台宗の入唐求法僧・中国から仏教儀式音楽である声明を伝えた)の九代目の弟子寂源が、天台声明を伝承するために建立した寺である。後に聖応大師良忍が来迎院を建立し、この地が天台声明の中心地となり、以後この二院を本道として魚山大原寺と総称するようになった。勝林院には実光院のほかに、宝泉院、普賢院、理覚院などの子院が建てられ、歴代の住職は日々天台声明研鑽に励んできた。実光院は、はじめ隣の大原陵(後鳥羽天皇・順徳天皇)の地にあったが、大正8年に普賢院と理覚院を併合し、普賢院跡地である現在地に移転した。」とある。
 現在の客殿は大正十年に建てられたそうで、欄間には江戸時代中期に狩野派の画家によって描かれた三十六詩仙画像が掲げられている。床の間には、声明研究の一助にと歴代住職が収集した楽器が陳列されている。
 声明とは、寺院で行われる法要儀式の中で仏教の経典などに節をつけて唄う仏教音楽だそうで、その起源はインドで紀元前仏教の発生と共に始まり、現在では天台声明と真言声明が主流になっているそうだ。「天台声明」の根本道場として現在に到るとのこと。
 客殿の南に広がる池泉鑑賞式庭園は、旧普賢院の庭園である。客殿の西側に広がる池泉回遊式庭園は、旧理覚院の庭園である。庭の中央に始めて見る珍しい木があった。不断桜と呼ぶ珍しい品種だそうで、かなりの古木であり小さいが桜の花が咲いていた。この桜は、初秋から翌年春まで咲き続けるので、不断桜と呼ぶそうだ。また、見事な柿の古木もあって幾つかの実を残していた。
[PR]
by ikawazukbr | 2010-01-27 11:12 | 旅行記