井蛙見聞録
ikawazukbr.exblog.jp

井の中の蛙見聞録
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
京都もみじ狩り旅行
 京都に旅館が多い中、なぜ「幾松」を選んだか書いておこう。それは、自分が会社勤めをしていた頃、仕事の関係で京都にある「島津製作所」の製品を使う側の立場にあり、打ち合わせのために何度か来京し、その度に「幾松」に泊めていただいたことがあったからである。あれからもう40年も経つのです。
 旅館「幾松」は、登録有形文化財に登録されているそうで、新しく整備された道路から入り、細長い通路を通って玄関まで昔懐かしい景色がそのまま残っている。中ほどの左側に、新館が出来ているのが変ったことのようだ。
 本館を希望してあったので案内されると、玄関も中庭も周辺の部屋も昔の面影が残っている。二階にある伏見の間に泊めていただく。担当くださる仲居さんは、女性ではなく、羽織・袴の若い男性であった。これは始めてのこと、驚きでした。
 先に、お風呂を済ませて待っていると、「女将さんが「幾松の間」でご挨拶と当館の歴史を説明させていただきます。」と案内してくれた。一階に下りて中庭の横を通って「幾松の間」に到ると、若い綺麗な女将さんが待っておられて、説明してくださるのを聞かせていただく。
[PR]
by ikawazukbr | 2009-12-24 21:30 | 旅行記